ホームケア

アミノ酸シャンプーとは?【わかりやすく簡潔に説明します】

手のひらに乗った泡

✅アミノ酸シャンプーってどんなもの?

シャンプー選びに迷った時に、人に勧められたんだけど、自分の髪に合うのかを知りたい。特徴を詳しく知りつつ、今後のシャンプー選びの参考にしたいです。

という人にはこの記事は役に立ちます

数あるシャンプーの種類でもアミノ酸系は、おすすめされる事が多いかもしれません。

髪の毛の主成分でもあるタンパク質は、アミノ酸からできています。

アミノ酸シャンプーは、髪の毛の主成分に近い材料で作られたシャンプーということですね。

もちろん他にも色々と特徴があるので、この記事で詳しく知ってください。

✅この記事の内容

・アミノ酸シャンプーとは

・アミノ酸シャンプーの特徴

さくっと読める記事ボリュームです、2分程度で読めますよ。

アミノ酸シャンプーとは

詳しく説明すると、シャンプーの一番大事な部分の洗浄成分(界面活性剤)がアミノ酸系だということです。

✅界面活性剤とは?

界面活性剤とは、水と油を混ぜることができる物質です。シャンプーの主成分で頭皮の油や皮脂を水と混ぜて泡だて、洗い流すために必須なもの。

シャンプーは種類が豊富で、その種類分けの基本がこの界面活性剤の成分の違いです。シャンプーの役割は、頭皮の汚れを洗い流す事なので効果に直結する大事な部分なんです。

このシャンプーの役割と、アミノ酸シャンプーの特徴を絡めて、詳しくまとめたので、下記を参考にしてください。

アミノ酸シャンプーの特徴

髪の毛を振る女性

・しっとり仕上がる

・低刺激

・泡立ちが悪い

・洗浄力は低い

 

詳しく見ていきましょう。

しっとり仕上がる

ほかのシャンプーに比べると、仕上がりはしっとり落ち着くものが多いです。

その理由は先ほど説明した、髪の毛の主成分との親和性にあります。

基本的に髪の毛は、少なからず刺激を受けていて、痛んでいます。その痛みにアミノ酸シャンプーの成分が反応し、質感を整えるんですね。

アミノ酸シャンプー以外のものは、シャンプーのみだとまとまりが悪くなるものが多いです。

しかし、アミノ酸シャンプーは髪質や頭皮タイプによっては、これ1本でいいということも多いと思います。(トリートメントやコンディショナーは必要ないということ)

低刺激

髪の毛の成分に近いもので構成されているので、低刺激です。

シャンプーの洗浄力が強すぎて、フケやかゆみのトラブル等を経験したことはないですか?ご自身の頭皮環境は、なかなかわからないものです。

アミノ酸シャンプーは、基本的に敏感肌の人でも安心して使えるものが多いです。心配な人はこのタイプを選べばまず問題ないと思います。

泡立ちは悪い

成分の構成が理由ですが、アミノ酸シャンプーの泡立ちはよくないです。

この部分を解消する方法としては、シャンプー剤をつける前の、予洗いをしっかりすること。

正しいシャンプーのやり方を記事にしましたので、参考にしてください。

洗浄力は低い

しっとりした洗い上がりで、洗浄力は低めです。

この部分をメリットとして捉えると、余分な皮脂や油は洗い流すけど、頭皮に最低限必要な油分は、残すように洗えるということ。

お湯での予洗いで、70%くらいは汚れは落とせるので、補助的な感覚でアミノ酸シャンプーを使うことをおすすめします。

まとめ

アミノ酸シャンプーとはどんなものか?についてこの記事でまとめました。

是非あなたのシャンプー選びの参考にしてくださいね。

アミノ酸シャンプーとは?まとめ

・髪の毛の主成分と近い材料で作られたシャンプー

・しっとりと仕上がり、低刺激。敏感肌の人も安心して使える。

・泡立ちが悪く、洗浄力も弱いので洗い方の工夫が必要。頭皮タイプ的に合わない人は無理して使わない

それでは、また~

正しいシャンプーのやり方も、参考にしてください。

シャンプーされる女性
正しいシャンプーの方法を知りましょう【超基本5ステップ】 こんな悩みがある人向けの記事です。 今回は、自分に合ったシャンプーの効果を最大限に発揮する洗い方についてお話していきます。...

✅【オススメのアミノ酸シャンプーラサーナプレミオール】↓



詳細ページ

ABOUT ME
髪と日々
髪と日々
小さな美容室の店主。 月間200名の幅広い世代の指名客を担当する30代半ばの男です。 大切にしている事は店でお客さんと話すように記事にすること。 難しい言葉や専門用語、あんまり知っても為にならない事は書きません。